大津市下阪本3‐6‐14
京阪電鉄浜大津駅バス堅田行下阪本下車3分

JR比叡山坂本駅下車徒歩30分
 山門を入ると、正面に本堂があり、南側に鐘楼、東側に坂本城落城のときに討死した城主の明智一族とその家来たちの首塚があります。
 東南寺は、伝教大師が延暦年間(782〜806)に創建し、比叡山の東南にあるのでその名になったといわれています。
 本尊は釈迦如来で、延暦寺の末寺であり戸津説法が有名です。

 戸津説法とは、毎年8月21日〜25日に行われ、法華経を民衆のためにわかり易く説法するものであり、天台座主なるための通過儀礼とされています。