しょうげんじ

大津市坂本6‐1871
京阪電鉄坂本駅下車すぐ

JR比叡山坂本駅下車10分
 生源寺は伝教大師(最澄)御誕生地とされ、山門を入って右手に産湯を使ったとされる井戸があります。また生源寺は、西塔の総里坊格の寺で、近世には一山の寺務総括した重要な里坊であったため、叡山文庫に多くの「生源寺記録」が残っています。
 本尊は、慈覚大師作と伝える観音菩薩でで、現在の本堂は1595年に詮瞬(せんしゅん)によって再建され、さらに1710年に改築されました。