山王祭は、祭の古い形が残されており、大山昨神と鴨玉依姫による結婚・出産・成長の過程を表し、「御生れ(みあれ)」の神事がよく伝わっており、生産、豊穣を祈るものといわれています。湖国三大祭の1つであり、湖国屈指の大祭です。

  毎年3月の第1日曜に始まり、中心行事が終わる 4月15日までの1カ月半の長期にわたって繰り広げ られます。この間、さまざまな場所で華やかに、そして勇壮に古式豊かな祭礼プログラムが行われます。 特に4月12日の”午の神事”から14日の”神輿神幸”にかけてピークを迎えます。

  まず、12日に行われる「午の神事」は、牛尾山の原始的な地主神信仰に基づ き、山上の社から急坂を松明を先頭に神輿をかつき降ろして東本宮拝殿に移します。

  13日の行事は、午後には烏帽子と鎧に身を固めた稚児や甲冑を身につけた武者らによる華やかな「花渡り式」があります。また、その夜8時頃か ら大拝殿で「宵宮落し」が行われます。この神事は、東本宮系4社の神輿を激しく降り落としますが、宵宮場の板敷きの床 が壊れんばかりに振動させて、競って神輿を政所から落ろし、西本宮へ担ぎ出す豪快な行事です。

 14日からは西本宮系の行事に入り、「申の神事」といって、午後2時から神輿を御座船に乗せて湖上を渡ります。ここでは粟津の御供を奉納して夕方日吉大社へ帰るのが、前日までとはがらりと変わって、華麗な一大祭礼絵巻が展開されます。

  15日に「酉の神事」 を行って山王祭は長かった全日程の幕を閉じます。すべての神事を見るには2、3年必要ですが、先ずは2001年に撮影した写真をお楽しみください。


  印刷可能な詳しい日程表はこちら → 「山王祭 日程表」

※お祭りの期間中(4/12〜14)、坂本一帯では断続的に車両通行止めになり、お車の駐車は出来ません。JR湖西線(比叡山坂本駅)、又は京阪石坂線(坂本駅)をご利用ください。

ご覧になりたい写真をクリックして、次へお進みください。


午の神事@
2001/4/12撮影

午の神事A
2001/4/12撮影

午の神事B
2001/4/12撮影

花渡り式@
2001/4/13撮影

花渡り式A
2001/4/13撮影

花渡り式B
2001/4/13撮影

花渡り式C
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事@
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事A
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事B
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事C
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事D
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事E
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事F
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事G
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事H
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事I
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事J
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事K
2001/4/13撮影

宵宮落とし神事L
2001/4/13撮影

坂本商店街「Walk Net」トップへ