じげんどう

大津市坂本4−6
京阪電鉄坂本津駅下車10分

JR比叡山坂本駅下車20分

 正門から入ると、石畳の両側に美しい苔がしきつめられ、石灯籠の並ぶ奥に1644年に徳川三代将軍家光の命によって建立された廟所があります。
 堂にむかって左側には多くの石塔婆が並び、慈眼大使、後陽成天皇、後水尾天皇、徳川家康、紫式部、清少納言、新田義貞らの供養塔、そして、歴代天台座主の廟塔が並んでいます。石垣の上にはさらに13体の阿弥陀如来石仏像が並んでいます。